木簡総合コミュニティサイト [木簡ひろば] 奈良文化財研究所

木簡ってなんだろう

木簡(もっかん)ってなんだろう?

墨(すみ)で文字が書かれた木を、ぜんぶ木簡と呼んでいます。

木は、博物館(はくぶつかん)にかざってあったり、教科書(きょうかしょ)にのっているような、板でも、そこらへんにおっこっている丸太でもよいのです。

なにが書かれているかも、いつ作られたものかも、問題ではありません。

「木簡の条件」は、材料が木であることと、墨で字が書いてあることだけです。