木簡総合コミュニティサイト [木簡ひろば] 奈良文化財研究所

2008ー長屋王家木簡の世界ー

― 長屋王家木簡の世界―

ごあいさつ

 
1988年、平城宮跡東南部に近い平城京内の発掘調査で、貴族の邸宅遺構とともに35,000点に及ぶ木簡が発見されました。「長屋王家木簡」の出土です。この木簡群は、その地を長屋王邸跡と確定させ、これに続く二条大路木簡の出土とあわせて、日本古代史像を書き換えるほどの衝撃を与えました。
  今年は、その長屋王家木簡が出土してからちょうど20年となります。今回はこれを記念して、実物の長屋王家木簡をご覧いただく展示を企画致しました。保存上の観点から、それぞれ二週間ずつの展示となりますが、奈良時代の息吹を感じていただければ幸いです。
  終わりに、今回の展示の開催にあたってご後援をいただきました読売新聞大阪本社に対し、篤くお礼を申し上げます。 

                                                     2008年10月                                                  独立行政法人国立文化財機構                                                           奈良文化財研究所長    田 辺  征 夫

 

☆ちらし こちら

☆展示リスト こちら 

☆リーフレット こちら     

☆解説シート↓ダウンロードはこちら↓

第1期

第2期

第3期

◎会期:2008年10月21日~11月30日 (終了しました)
会期中、木簡の展示は3期に分けておこないます
Ⅰ期:10月21日(火)~11月3日(月)
Ⅱ期:11月 5日(水)~11月16日(日)
Ⅲ期:11月18日(火)~11月30日(日)
◎ギャラリートーク
第1回:10月26日(日)山本崇
第2回:11月8日(日)浅野啓介
第3回:11月22日(日)渡辺晃宏
各回14:00~ 事前申し込み不要

~多数のご来場、まことにありがとうございました!~