木簡総合コミュニティサイト [木簡ひろば] 奈良文化財研究所

2017年度 奈良の都の木簡に会いに行こう!

ひらめきときめきプログラム2017年度

 
― 奈良の都の木簡に会いに行こう!―

奈良の都で見つかった、1200年以上も前に書かれた木簡(木に書かれた手紙や荷物のラベル、落書きなど)を一緒に読んでみましょう。木簡の漢字は割合読みやすいので、書いた人の気持ちがみなさんにも伝わってくるはずです。また、木簡がどのように見つかるか、どうやって保管しているかも実際に体験してみましょう。ふだんはあまりお目にかかれない本物の資料に会いに、是非平城宮跡に来てください。

 

★ちらしはこちら
 【日 時】
 2017年8月22日(火)・23日(水)
 9時30分から17時まで(受付開始:9時30分)
  (同一プログラムで2回おこないます)

 【対 象】
 小学5・6年生、中学生(保護者同伴可)

 【募集人数】
 各日とも10人(応募締切2017年7月28日。
 応募多数の場合は抽選になります)
 
 【会 場】
 奈良文化財研究所・平城宮跡(佐紀町)
 
 【プログラム】
 9:30-9:45 受付(集合場所:奈良文化財研究所仮庁舎南棟1階受付)
 9:45-10:00 開講式(挨拶・オリエンテーション、科研費の説明)
 10:00-10:45 講義(講師:渡辺晃宏)
 「木簡に会ってみよう―保存処理済み木簡を読んで木簡に親しむ」                            
 10:45-11:00 小休憩
 11:00-12:00 実習①:木簡を探してみよう-木簡を含む土の洗浄・選別作業を体験

 12:00-13:00 昼食(奈良パークホテルの協力で復元された古代食を含む弁当を提供)
        ※保護者・学校関係者の方にもご希望があれば同じ弁当を実費でご用意します。
 
 13:00-14:00 実習②:木簡に触れてみよう-木簡収蔵庫で木簡の水替え作業を体験
 14:00-14:15 小休憩
 14:15-15:00 演習:木簡を読んでみよう-平城宮第1号木簡の解読に挑戦
 15:00-15:30 クッキータイム
 15:30-16:40 見学:平城宮跡に出かけよう-第1号木簡発見地を訪ねる
 16:40-17:00 修了式(アンケートの実施、未来博士号の授与)
 17:00 終了、解散
   ※プログラムの詳細は、こちらをご覧ください。

 【申 込】下記のいずれかでお申し込みください。
 ◆日本学術振興会のホームページより➜

    〈申込みページ手順〉
     実施プログラム一覧(近畿)にある本プログラムと参加希望日の”申込”リンク    
     をクリック→申込フォームに記入→確認ボタン→送信
                         (画面の指示に従ってください)

 ◆FAX(0742-30-6750)もしくはメール(jimu@nabunken.go.jp)

  ・下記の必要事項を記入の上、上記まで送信してください。
   *参加申込書はこちら (19KB)
   *ちらしの裏面にも申込書があります。(ちらしはこちら)
 
  【必要事項】
   1.参加希望日
   2.氏名(フリガナ)
   3.在学する学校名、学年
   4.生年月日、性別
   5.連絡先住所(郵便番号)
   6.TEL
   7.FAX(無ければ空欄可)
   8.E-mail
   (必ずパソコンからのメールを受信できるように設定しておいてください)
   9.保護者・学校関係者の見学(参加)の有無、及び弁当の要・不要
   (「有」の場合、見学(参観)者の氏名(フリガナ)を記入してください。)
   ※保護者の方の弁当は実費です。
   10.保護者からの参加同意
   (受講希望者は必ず保護者の同意を得ることとしています。)
   11.応募するにあたって聞きたいこと、知りたいことなどがあれば
    記入してください。

 【プログラムに関するお問い合わせ】
 都城発掘調査部・史料研究室
 電話:0742-30-6837
 FAX:0742-30-6830
 E-mail:history-labo@nabunken.go.jp
〔電話受付時間〕10時から16時まで(土日祝を除く)
※いただいた個人情報は、参加者名簿の作成、参加年齢の確認、緊急時の連絡、保険加入申請、その他安全な運営のために利用します。
 


~ ☆ご参加をお待ちしております☆ ~


 【このプログラムと関係する科研費】
  木簡など出土文字資料の資源化のための機能的情報集約と知の結集
  基盤研究(S) 、課題番号25220401
  研究代表者;渡辺晃宏、研究期間H25(2013)-29(2017)年度
  詳細は、こちら(科学研究費助成事業データベース)をご覧ください。